飼養管理レポート

 
私たち酪農総合研究所は、雪印メグミルクグループの掲げる3つの使命を果たすために、「酪農生産への貢献」の一翼を担う活動に取組んでいます。

特に、酪農産業に関る幅広い分野の科学的・実践的調査研究とその成果の普及を通して、わが国酪農の発展と食糧の安定的需給に寄与してまいります。

2013年6月14日金曜日

神奈川県 酪青研 暑熱対策

 6月12日(水)、神奈川県藤沢市と平塚市において、酪青研のメンバーの暑熱対策をヒアリングしてまいりました。
 
① 長谷川牧場(藤沢市)

 長谷川勇輔氏の紹介で、酪農家の暑熱対策の勉強会に参加させていただきました。

「自分の牛舎の暑熱対策はこれかな」と扇風機を指す長谷川氏

せっかくだから全員そろって記念写真

②小宮牧場

 牛の写真撮影(体格審査86点以上)の応援に、県内の酪農家(小宮氏、片倉氏、伊藤氏、伊東氏、長谷川氏)が集合しました。ホルスタインマガジンに掲載予定です。

 体格審査で優秀な成績をおさめた小宮牧場の乳牛

 さて、暑熱対策ですが、小宮牧場はダスト吸引機を扇風機として転用(リサイクル)することを考えているとのこと。

今後はダスト吸引機の「どの程度の穴を開けて、雑音を抑えていくかがテーマ」と語る小宮氏

③片倉牧場

 片倉牧場では先週末、育成牛舎を新築したばかりであり、牛舎に敷き詰めた御影石が輝いていました。

育成牛舎

 さて、暑熱対策ですが、牛舎を「緑のカーテン」で囲う準備の最中でした。朝顔とゴーヤを植えるそうです。

 一昨年より噴霧機への投資を実施。ミストが直接、牛にかからないように噴出口の角度には注意しているとのこと。

説明をしていただいた片倉氏