投稿

2018年度 酪総研シンポジウム 意見交換要旨

イメージ
雪印メグミルク株式会社酪農総合研究所は2019年1月31日、酪総研シンポジウム「酪農現場の“カイゼン”を考えるⅢ -少額投資で生産性の向上を!-」を開催しました。 前回までその講演要旨を掲載してきましたが、今回は講演内容をもとにおこなった意見交換の要旨を掲載します。 第一講演要旨… 牛の行動を基に施設や飼養管理を見直す ~人も牛も幸せに~ 第二講演要旨… 酪農における光環境制御の効果とそのメカニズム 第三講演要旨… カイゼンの道しるべ「乳検データ」の活かし方を考える 【意見交換 壇上者】 第一演者…酪農学園大学 農食環境学群 家畜管理・行動学研究室      教 授 森田 茂 氏 第二演者…農研機構 畜産研究部門 畜産環境研究領域 飼育環境ユニット      上級研究員 粕谷 悦子 氏 第三演者…公益社団法人 北海道酪農検定検査協会 乳牛検定部 検定課      課 長 佐坂 俊弘 氏 座 長 …雪印メグミルク株式会社 酪農総合研究所      担当部長 佐々木 理順      課 長  野﨑 則彦 座長: それでは意見交換を始めます。 当シンポジウムは、一昨年から「酪農現場のカイゼンを考える」という大テーマのもと、生乳生産現場のロスを発見し、その対策を講じることで経営改善を図ることを目的として開催している。カイゼンシリーズ第3回目となる今回のテーマは『少額投資で生産性の向上を!』とした。 今日、本テーマに対し3題ご講演を頂いたが、一言で表せば乳牛の行動や生理を理解し、飼養環境を整え、適切なモニタリングと得られたデータの活用を高め、さらにそのデータ活用の面的拡大を図る、これが少額投資で生産性を上げる基本的手法の一つではないかと考えた。そのベクトルを我々が適切かつ明確に共有することが重要であり、これにより理論に裏打ちされた技術が現場での効率的な実践と波及につながるものと考える。 これらについてさらに理解を深め、皆様の今後の飼養管理・経営管理の向上への一助として頂くことを目的に、ご参加いただいた皆様との意見交換を進めたい。 限られた時間ではあるが、ご参加いただいた皆様のご闊達な質疑を宜しくお願いしたい。 まず三人の先生から講演内容を簡単にレビューして頂こうと思ったが、会場からかなり多くの質問票が寄せられたので、早速、質問への回答をお願いしたい。 《森田先生への質問》 質

カイゼンの道しるべ 「乳検データ」の活かし方を考える

イメージ
雪印メグミルク株式会社酪農総合研究所は2019年1月31日、酪総研シンポジウム「酪農現場の“カイゼン”を考えるⅢ -少額投資で生産性の向上を!-」を開催しました。 第一講演および第二講演の要旨に続き、今回は第三講演の要旨を掲載致します。 第一講演要旨… 牛の行動を基に施設や飼養管理を見直す ~人も牛も幸せに~ 第二講演要旨… 酪農における光環境制御の効果とそのメカニズム 第三講演 演題 : カイゼンの道しるべ「乳検データ」の活かし方を考える 演者 : 公益社団法人 北海道酪農検定検査協会 乳牛検定部 検査課     課長 佐坂 俊弘 氏  乳検データは、経営改善に繋がるヒントが多く掲載されていることから「宝の山」に例えられます。その一方で「十分に活用できていない」という声を頂戴することも少なくありませんでした。  その解決に向けて、シンプルでありながらも経営に役立つ情報の提供方法を検討し、平成27年に牛群検定WebシステムDL(以下、DL)をリリースしました。 平成30年4月には、農場をサポートする皆様を対象とした「DL支援者版」の運用を開始し、地域全体の課題解決ツールとして普及拡大に取り組んで参りました。  本日は、皆様方それぞれの「カイゼン」のお役に立てるよう、システムの具体的な活用方法をご提案したいと考えています。 ■「勘と経験による経営」から「データに基づく経営」へ  ビジネス用語にKKDという言葉があります。これは、経験のK、勘のK、度胸のDの頭文字を取ったもので、長く酪農経営を支えてきた要素のひとつです。一方で、多頭化や従業員雇用、作業の外部化が進行した今日では、農場に関わる人達のベクトルを統一するためには、データに基づく意思疎通、意思決定が求められています。  乳検情報は、過去から現在までの牛群管理が反映された結果であり、農場内外での課題共有、仮説検証に有用な材料となります。本日ご紹介するDLは、その情報を最小の労力で使いこなすためのツールに他なりません。 ■牛群検定WebシステムDL(生産者向け)   DLは、乳検情報をベースに、①繁殖管理、②バルク情報連携、③損失の見える化 の3つの機能で構成され、大半の情報が自動で更新されます。月1回の乳検情報に、更新頻度の高い繁殖情報、バルク情報を加えることで、取り組みの検証サイクルを従来よりも高速で回すことが

酪農における光環境制御の効果とそのメカニズム

イメージ
雪印メグミルク株式会社酪農総合研究所は2019年1月31日、酪総研シンポジウム「酪農現場の“カイゼン”を考えるⅢ -少額投資で生産性の向上を!-」を開催しました。 前回の第一講演に続き、今回は第二講演の要旨を掲載致します。 第一講演要旨… 牛の行動を基に施設や飼養管理を見直す ~人も牛も幸せに~ 第二講演 演題 : 酪農における光環境制御の効果とそのメカニズム 演者 : 農研機構 畜産研究部門 畜産環境研究領域 飼育環境ユニット      上級研究員 粕谷 悦子 氏 はじめに  家畜をとりまく種々の飼育環境は、生産性の観点からはもちろんのこと、家畜福祉の観点からも最適に保たれることが望ましいが、酪農における光環境(例:畜舎の照明など)については、最適な光条件設定の根拠となるウシの生理反応におよぼす影響に関する科学的知見は多くない。今回は、光がシグナルとしてウシの生体内に入り、主に内分泌機能を介して乳生産や成長に影響を与える仕組みを念頭におき、酪農における光環境制御の重要性について考えてみたい。 1.畜産と光環境  農業全体をみれば、大手家電メーカーなどが参入した「植物工場」で、光環境を精密に制御された環境で育てられた作物が既に消費者まで届いている。畜産においては、閉鎖型鶏舎での飼育が一般的な養鶏において光環境の制御が行われているものの、酪農においてはその技術の利用はまだ一部にとどまっている。光のシグナルが体内に入ったあと辿る経路は、鳥類とほ乳類では異なることもあり、まずほ乳類における光の作用がどのように「生産」までつながるのかを、基礎的な仕組みとして知っておきたい。 2.光の動物に対する作用  光は眼の網膜から入力され、視覚性あるいは非視覚性のふたつの経路を通って脳に到達する。生産性に影響をおよぼす経路は主に非視覚性経路であり、特に脳の視床下部にある視交差上核(SCN)が、生体リズムの光による同調を司っている。SCNを介して、覚醒・睡眠、摂食、体温、血圧、心拍、内分泌などのリズムは光に同調するが、松果体により合成・分泌されるメラトニンがこの作用において重要な役割を演じている。 3.光によるメラトニン分泌の制御  メラトニンは、睡眠誘導作用や抗酸化作用を持つだけでなく、視床下部や下垂体を介して、生産性(泌乳、成長や繁殖) に関わるプロラクチン(PRL)や成長ホルモン

牛の行動を基に施設や飼養管理を見直す ~牛も人も幸せに~

イメージ
雪印メグミルク株式会社酪農総合研究所は2019年1月31日、酪総研シンポジウム「酪農現場の“カイゼン”を考えるⅢ -少額投資で生産性の向上を!-」を開催しました。 その講演要旨および意見交換の内容を今回から4回連載にて掲載いたします。 第一講演 演題 : 牛の行動を基に施設や飼養管理を見直す ~牛も人も幸せに~ 演者 : 酪農学園大学 農食環境学群 循環学類 家畜管理・行動学研究室      教授 森田 茂 氏 1.家畜に配慮した飼養管理  家畜の要求を理解するのに、家畜行動の観察・解析はきめて有効な手段である。行動を直接観察することはもちろん、家畜が利用した施設や自身の体に残した痕跡を調べ、利用の仕方を類推したりする。  家畜の状態把握に活用されつつある様々なセンサーを利用して、家畜から発せされるサインを読み取り、判りやすく表示したり、直接観察では困難な、日内パターンの変化を精度良く把握できる。さらに、搾乳された牛乳の成分から家畜の生理的状況を推測したり、家畜の体格変化などの情報をあわせれば、飼養管理の改善は確実なものとなる。  家畜の要求を適切に判断して、それに応じた管理を組み立てるのが「精密酪農」(スマートファーミング)的手法である。一方で、環境変化の多い屋外の放牧地で、群飼養をするような、多様性に富んだ環境を家畜に提供し、何を選ぶかは家畜の選択にゆだねるといった飼養管理手法もある。どちらの管理手法を用いるにせよ、乳牛の行動を理解することは、家畜の状態確認と家畜に配慮した飼養管理のために必要となる。  家畜の行動は、飼育環境改善に向けた重要な道具であり、管理者にとっての楽しみでもある。ときどき「行動を眺める」から、継続して「行動を観察して、評価する」へと進展すれば、飼養管理改善のためのPDCAサイクルは、継続的に動き出す。 2.乳牛の休息行動と飼養管理  乳牛の休息姿勢は、横臥(後躯)と伏臥(前躯)の組み合わせで後躯片面への荷重が高い。このことから、同一側面を下にしたまま横臥持続できる時間は1~2時間程度である。乳牛の1日当たりの横臥時間は平均12時間なので、少なくとも6回は起立・横臥動作を行うことになる。こうした特徴もあり、乳牛にとって快適な休息環境には、起立・横臥動作が容易で、横臥時に床が硬すぎないという2つのポイントがあげられる。  乳牛は起立動作時に、

カウコンフォートの経済効果と未来

イメージ
雪印メグミルク株式会社酪農総合研究所は2018年2月1日、酪総研シンポジウム「酪農現場の“カイゼン”を考える Ⅱー牛づくりにおけるロスとその対策ー」を開催しました。 第一講演要旨および第二講演要旨に続き、今回は第三講演の要旨を掲載致します。 第一講演要旨… 高泌乳牛の繁殖成績の現状とその改善について考える 第二講演要旨… 母牛と子牛のための分娩管理 第三講演 演題 : カウコンフォートの経済効果と未来 演者 : 北海道農政部生産振興局技術普及課畜産試験場技術普及室     上席普及指導員 椋本 正寿 氏 1.カウコンフォ-トの全体像 カウコンフォ-トは、牛の飼養環境の機能である。 飼養環境は、給餌環境を定義する物理的要素と社会的要素の両方で構成されている。 乳牛の飼養環境は、自然な行動の時間配分を実行する能力に影響を及ぼす。最適な環境と栄養とを組み合わせることで、乳牛の時間配分の要求が満たされ、摂食行動や飼料摂取量が最適化され、生産性と健康が向上する。 飼料給与、反芻、および休息の相互作用は、生産性、健康、福祉にとって重要である。 ル-メンの充満と生理学的メカニズムの統合は、飼料摂取量と生産性を制御するが、飼養環境は、乳牛の行動および飼料の産乳反応に対し強力な調節的効果が働く。 2.牛舎環境と牛群の能力 飼養環境の定量的測定で、同じ遺伝能力、同じ TMR を給与した牛群の評価をした。これらの酪農場での 1 日 1 頭当たりの平均乳量は 29.5kg で、範囲は 20.4 〜 33.5kg であった。 この乳量のバラツキの 44 %が栄養であった。栄養以外の因子(飼養環境)は、乳量バラツキの 56 %を説明した。 最も重要な飼養環境要因は、残飼量、飼料の掃き寄せ、飼養密度である。 3.カウコンフォ-トの経済効果 牛 1 頭当たりのストール(利用可能なストール 1 日当たり 0.77kg )、残飼量(牛 1 頭につき 1.4 〜 2.3kg )、飼料の掃き寄せ(牛 1 頭当たり 3.9kg )はすべて牛乳生産と正の関連がある。 飼養環境は栄養と同様に重要である。 ペン以外の場所に居る時間を最小限に抑えることは、最適な時間配分の鍵である。 休憩のための時間配分の要求を満たすことは、より高い乳量( 1 日 2.3 ~ 3.6kg )をもたらし、跛行の発生率を低下させる可能性

母牛と子牛のための分娩管理

イメージ
雪印メグミルク株式会社酪農総合研究所は2018年2月1日、酪総研シンポジウム「酪農現場の“カイゼン”を考える Ⅱー牛づくりにおけるロスとその対策ー」を開催しました。 前回の第一講演要旨に続き、今回は第二講演の要旨を掲載致します。 第一講演要旨… 高泌乳牛の繁殖成績の現状とその改善について考える 第二講演 演題 : 母牛と子牛のための分娩管理 演者 : 株式会社 石井獣医サポートサービス     代表取締役 石井 三都夫 氏     元気で生まれてくるはずの新生子牛の約 8 %が分娩事故で命をなくしている。今回あえて「…のための」としたのは、分娩管理が管理する人の都合により行われていることを憂慮しているからである。母牛や子牛のための“カイゼン”とは何かを考えながら分娩管理技術を解説する。 実際に近年の乳検データ上では難産は減少し、一方で死産(分娩時の子牛の死亡事故)は年々増加している。これは、酪農場が大型化多頭化する中、農家あるいは従業員が分娩に立ち会う機会が減っていることが背景にある。無監視のまま分娩が進行しない(広い意味の難産である)で生じる死産や、せっかく娩出されても、分娩牛舎の構造や混雑などの劣悪な環境から生じる新生子死が後を絶たない。また、一方では、難産や死産への警戒や牛舎における作業上の都合による早すぎるタイミングの助産は、かえって難産や死産の増加につながっている。 今回は、ヒトのお産とウシのお産の違いについて考えながら、ウシにはどのような分娩管理上の問題があるのか?分娩事故率の低減のためにはどのような管理が求められるのかを考えてみよう。新生子牛とヒトの新生児との大きな違いは母から子への受動免疫の移行に関する機構の違いであろう。ヒトは生まれながらにして血液を介してすでに免疫が移行している。ウシは生まれた時点では免疫の移行は行われておらず、元気に立ち上がって、初乳を自ら吸引することで初めて免疫が移行する。すなわち、生まれた子牛は元気でなければならない。もう一つ重要なことは、免疫学的に無防備で生まれた子牛たちや母牛の子宮感染症を予防する上で、分娩房は可能な限り清潔でなければならない。自然分娩で生まれた子牛は元気であり病気をせずにすくすくと育つ。分娩管理上の基本は自然分娩を見守ることである。自然分娩で生ませるためには、寝起きしやすく、清潔で、広く、単独になれる分

高泌乳牛の繁殖成績の現状とその改善について考える

イメージ
雪印メグミルク株式会社酪農総合研究所は2018年2月1日、酪総研シンポジウム「酪農現場の“カイゼン”を考えるⅡ -牛づくりにおけるロスとその対策-」を開催しました。 その講演要旨を今回から3回連載にて掲載いたします。 第一講演 演題 : 高泌乳牛の繁殖成績の現状とその改善について考える 演者 : 酪農学園大学 農食環境学群 循環学類 家畜繁殖学      教授 堂地 修 氏   乳牛の繁殖成績は、 わが国を含む世界各地域において約30年以上にわたって低下し続けてきた。繁殖成績低下の具体的内容としては、分娩後の初回受胎率の低下、それに伴う空胎日数および分娩間隔の延長、長期不受胎牛および淘汰牛の増加等が主たるものである。乳牛の繁殖成績低下の原因は、泌乳能力の向上を追及した結果であると言われることが多い。一見すると乳量の増加と受胎成績の関係を見るとそのようにみえる。しかし、乳牛の繁殖成績低下の原因を乳量増加のみに焦点を絞って考えてみても繁殖成績の改善の方策を見出すことは簡単でない。農家1戸当たりの搾乳頭数は、昭和60年代の50頭台から平成20年代には100頭台に増えている。1戸当たりの搾乳頭数の増加にともない、フリーストール牛舎やTMRの導入など飼養管理の効率化も進み、個体から群へと飼養管理方法は変化してきた。このような中、牛群の中には個体の能力を十分に発揮でない牛も少なからず存在していると思われる。さらに乳量増加と同じように飼養頭数の増加に従うように経産牛の初回受胎率は低下してきた。  一般に繁殖成績への泌乳の影響のない育成牛では初回受胎率が最も高く、人工授精回数が増えるにしたがい低下し、4回目以降は一段と低くなる。演者らの受胎率調査では、経産牛では、初回が2回目以降の人工授精の受胎率に比べて最も低いことが分かっている。このことから今日の経産牛の受胎率については、さまざまな観点から検討する必要がある。  乳牛の繁殖成績を改善するためには受胎率の向上が重要であり、そのためには繁殖生理的な検討だけでは難しく、栄養管理との関係について考える必要がある。一方、最近の報告によると国内の乳牛の空胎日数の最頻値は78日であり、多くの牛は分娩後60日前後に初回人工授精が実施されて受胎していると思わる。このことは、受胎が大きく遅れる牛が多いことを示しており、このような牛に重点を置いた対策